スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年夏

7月ももうすぐ終わりですね。

ここ2週間ぐらいずーっと梅雨空で、
全国と比べると異常に涼しい日々が続いています。
それとも西日本の方が異常気象なのか??

イマイチ夏気分を味わえないでいるのですが、
暑いのが苦手な私にとっては天国です。

しかし、雨が多過ぎるのも困ったもので、
私ごとで恐縮ですが夏なのに全然痩せません!

唯一の休みの日に雨降りだと家の中でゴロゴロと過ごしてしまい
痩せるどころか増加の一途です。

とくにお尻がスライム状態で困っています。
どうにかせねばーーー!(と思っているだけ)

雨の日の過ごし方は、ゲームか読書。

先日去年の暮から迷い込んでしまったどうぶつの森(ゲーム)から
やっとぬけ出すことができました。
9月には狩り生活(モンハン4)が始まるので、
止めたというのが正しいかな…。

しばらくは、読んでみたいと思っていた本を読んで過ごします。

昨日読み終えた本は山本周五郎の『小説日本婦道記』です。

小説日本婦道記 (新潮文庫)小説日本婦道記 (新潮文庫)
(1958/10/28)
山本 周五郎

商品詳細を見る


厳しい武家の定めの中で、夫のため、子のために生き抜いた日本の妻や母の、
清々しいまでの強靱さと、凜然たる美しさ、哀しさがあふれる感動的な作品である。
(アマゾン内容紹介より)


昔の日本女性の優しさと心の強さにとても感動しました。

読み終えると身体の中に一本芯が通ったような…
シャキッとした気持ちになりました。

私も日本女性として恥ずかしくない生き方をしたい。
そんな風に思える素晴らしい作品でした。

図書館で借りてきて読みましたが…
購入して人生のバイブルとしてまた読み返したいと思います。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。