スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そばもん

お客さんからお借りした漫画『そばもん』

名人と謳われた祖父より江戸そばの技術を伝授された
流れのそば職人矢代稜(やしろりょう)が行く先々で
そばがらみの難問に巻き込まれるというストーリー。

私は、どちらかと言うと“そば”より“うどん”派ですが、
そばもんを読んだら、そば職人の熱い思いが伝わってきて
美味しいそばを食べたくなりました!(単純?)

でも、美味しいそばと不味いそばの違いがわからない。
そばもんには、美味しいそばについていろいろ書かれていて、
それだけではなく、そばの種類や作り方、そばの歴史など…
とても勉強になりました!

奥が深いです…。

そばもんは、1話完結または前編・後編の短いお話なので、
どの巻から読んでも大丈夫です♪どの巻も面白いです!
話の内容によっては感動して泣きそうになります。

とくに2巻の『16話 乾麺の茹で方』は目からウロコでした!
そばの乾麺を上手に湯掻けなくてお困りの方は必見ですよ(笑)

そばもん ニッポン蕎麦行脚  2 (ビッグコミックス)そばもん ニッポン蕎麦行脚 2
(2009/09/30)
山本 おさむ

商品詳細を見る


Hさん、そばもんとっても面白いです♪
昨日から2回目読み始めました(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。