スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にゃんこ・ザ・プロジェクトだニャ!

$きらきら*ら 日記-にゃんこ・ザ・プロジェクト

今朝、友達のブログを読んで知りました。

田代島は宮城県北東部石巻市にある周囲11.5kmの小さな離島。
私も何回か田代島に行ったことがあります。

田代島の現在の人口は100人余り、高齢化率は82%、平均年齢は71歳。
数年後には無人島になるだろうと言われていました。
しかし、メディアで田代島が猫島として取り上げられてから、
観光客が増加し、ここ数年は漁師見習いの若者の移住もあり
僅かながら後継者は増加していました。

そこに、311の大地震と大津波…
せっかくの明るい兆しが消え、島の景色が一変してしまいました。

漁に使用する漁具の大半は流失。 収穫した牡蠣をむく、作業場も全壊。
島唯一の業務用大型冷蔵庫・冷凍庫も津波により全壊。
船の4割は海の藻屑となり、波をかぶり続けた重機やホークリフトは全く動かない。

流失した船や漁具、また養殖に必要な資材、
設備を新たに整えるためには莫大な費用が…。

「こんな大金を若いもん達にゃ重すぎる。
俺たち年寄りにはこんな借金、到底無理な額だよ。
無け無しの貯金を叩いて、若いもんに投資するけど、
牡蠣が育成して回収するまでの4、5年間は返済できないから
借金地獄になることは目に見えているわけだし。
市などにも相談したけど、なんの解決策もなかった。」

市や国は動いてくれない。自分たちで何とかしなくては…
そんな想いからにゃんこ・ザ・プロジェクトは生まれたそうです。

「この島の窮地を、皆様のお力で救っていただけないものかと思い
島の支援要請に立ち上げたプロジェクトです。
今大変なのは、田代島だけではないことは、重々承知しております。
趣旨を十分ご理解いただいた上、一口支援にご協力頂ければ幸いです。

支援基金にお申し込み頂いた方々には、謝礼として田代島特産島かき、
猫神社御守り田代島オリジナル猫グッズをご郵送させていただきます。」

詳しくは一口災害支援基金 にやんこ・ザ・プロジェクトをご覧ください。

牡蠣や猫が大好きな方や
復興支援をしたいけど何をしたらいいのか迷われている方
一度にゃんこ・ザ・プロジェクトのHPをご覧ください。

頑張ろう宮城!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。